今日も仕事、明日も仕事。だが、それがいい。

世間はゴールデンウィーク真っ只中で浮かれモード。しかし私はずっと仕事。今日も仕事。明日も仕事。連休どころか1日たりとも休みなんて、ない。下請けの下請けの、そのまた下請けの・・・的な超超超超超零細システム会社には、盆も正月も黄金週間も都市伝説だから。でも、敢えて声高らかに言おう。「だが、それがいい」と。そもそも独身貴族に返り咲き~♪なバツイチの44歳のオッサンに、黄金週間を楽しむ術などありゃしない。あんなものは、ママ子供お幸せパパお疲れなファミリーと、ハイハイごちそうさまなカップルと、とにかく明るい学生どもにくれてやればいい。私はパパに昇格(降格?)する前にファミリーから引退した身。もう、家庭のお幸せにもゴールデンなウィークにも未練などさらさらないのだ。しかし、こんな私にも週末くらいは花のある楽しみをくださいよというもの。システムなんてくそ食らえと呼吸するかのように日頃からボヤいている私だが、文明の進歩は時として捨てたもんじゃない。そう、出会い系サイトである。「将来をしっかり意識した大人の男女が集う、真面目なSNSです」なんて触れ込みだが、要は出会い系サイトである。
「大都会梅田でIT企業の役員やってます!年収1,000万です!アラフォーだけど若くみられます!楽しいお酒が大好き!ごちそうさせてください(笑)」

pose_douzo_annai_businessman.png
なんて簡単なプロフで20代の女の子からバンバンメッセージがくる。この年になれば若けりゃ顔も性格もどうでもいいから誘いは基本、断らない。もちろんしっかりごちそうしますよ、お金なんて有り余っているしね。最近の女の子はとっても優しいから、ちょっと高めのお肉やスイーツ(笑)でも出しておけば、私みたいなオッサンの武勇伝や愚痴なんかでも、フムフムニコニコ聞いてくれる。それがたとえ聞いているフリでも、もちろんお持ち帰りなんてできなくても、おごりっぱなしでも、メッシーでも、どうでもいい。酔ってるし。目の前に若い女の子がいるってだけで、それが三次元ってだけでハッピーなのである。嗚呼、今日もとりとめがないにも程があるクソみたいな日記を書いてしまいました。実はこれを書いている今もなお、酔っていたりする。今日のお供は「松の司」。我が地元、滋賀の地酒である。幼なじみと離婚したもんだからすっかり帰りづらくなって、もはや酒だけが、故郷なんである。

この記事へのコメント