部下の結婚式に行って疲れました

今日は会社の部下の結婚式に参加してきました。正直、すごく疲れました。結婚式は苦手なのでご祝儀だけで勘弁してもらおうかと思ったんですが、私は役員なのであまり子供っぽいことも言っていられません。

私も10年ちょっと前に結婚式をしました。かなり派手な式でした。そして、今はバツイチです。2年前に奥さんは出ていってしまいました。私が結婚式に行くと縁起が悪いような気がして行きたくなかったんです。そこも部下は察してくれていた様子で「すみません」を私に連発していました。こんなに若い部下に気を使わせるのは良くないですよね。だから、一日パーティー気分で楽しもう!なんて思ったんですが、結構しんどい修行でした。

奥さんが出て行ってすぐ、とりあえず新しい車買って、学生時代の友人とゴルフには良く出かけてるんですよ。うん、奥さんいた頃よりよく運動するようになったかも。奥さんは良家のお嬢さんで、運動より家で静かにしている方が好きな人でした。そこがいいな~と思っていたんですが...。

最近は出会い系サイトに、意外にも夢中になっています。44才で、こういうシステム使うのもどうかな...と思ってはいたんですが、そのサイトで友達になった子と週末に飲みに行ったりもして、自分でも本当に意外な展開です。彼女はまだ28才。たこ焼きが好きで、本当においしそうに食べます。大阪出身じゃないから珍しいのかもしれません。でも、私のことをどうとらえてるのか...今一つよく分かりません。いや、はっきり言って、あまり恋愛対象とは見ていないように感じます。親戚のおじさん、近所の気のいいオッサン、それとも犬か猫みたいな存在かも。今までに一人だけお付き合いした男性がいたみたいですが、あまり良い思い出ではないみたいなので、ほじくらないようにしています。そんな私の気遣いとは裏腹に、少し酔うと「ね、ところで奥さん待ってんじゃない?」と言うのがちょっと怖いのですが、そこらへんは許容範囲です。
face_smile_man1.png
私は再婚願望は今のところありません。これって、女性にとって失礼かもしれないので、その気持ちもちゃんと彼女には話してあります。「それでいいよ。たこやきおいしければ!」と笑顔で言ってくれてます。普通の女性ならこれはウソの言葉だと思います。でも、もうしばらくは<たこやき友達>でいてもらおうかと思っています。

この記事へのコメント