サラリーマンが服に気を遣うとき

お疲れ様です。



 仕事帰り、飲み仲間にいい居酒屋を見つけたので行かないかと誘われたのだけど、断りました。いつもは、その手の話はすぐ乗るので少し不可解な顔をされましたが、まぁ、来週にでも行けばいいだろう。今日は服を買いに行こうと決めていたんです。



 私は44歳のごく普通のサラリーマンなので、特別おしゃれに気を遣っているとかではないですよ。次の日曜日に、デートっていうわけではないけれど、女の子と食事の約束があるのです。



 まさかバツイチの自分が、この年で若い女性と食事をすることになるとは、自分でも思ってませんでした。こんなことを書くと、いつも欲求不満ではないかと思われるかもしれませんけど、たまたま見ていた車のサイトに、出会い系サイトの広告が貼ってあって、何気に見たんです。

 出会い系サイトって、サクラばっかりだとばかり思ってましたが、試しに食事に誘ったらちゃんと来てくれて・・・。しかも、ちょっとかわいい子で。何があるか分からないもんですね。

 

 再婚しようとは考えていないですから、女の子と会って将来どうとかは考えてません。本当ですよ。でも、普通の男ですから、当然女の子と触れ合いたい気持ちもあるわけで。

 でも、自分のために酒を頼んでほしいっていうギラギラの目で見てくるキャバ嬢と遊ぶのは疲れるんですよ。それよりは、軽く外食でもして、自然な感じがちょうどいいわけです。

ocean_night.png

 先週はちょっと肌寒かったですけど、ドライブに行きました。20代の女の子で、黒髪のまじめそうな子です。もっぱらゴルフと車三昧だっていう話をしたら、「ゴルフはやったことないけど、車でおしゃべりするくらいならできますよ。」なんて言ってくれたんで、その気になって海沿いをドライブしました。

 私は普通の会話しかできない男ですけど、彼女は気を遣ってくれて。ご飯は彼女の好きなところにしようと思っていたら、「私も○○さんが好きなところがいいと思ってました。」だって。所詮出会い系なんで、見た目は清楚でも言ったら悪いけど頭弱そうな子がくると思ってたのに、嬉しい裏切りでした。正直かわいかったですね。結局あんまりご飯についてリサーチもしていなかったから、適当なところに食べに行ってしまったので、次の日曜は名誉挽回のために彼女に喜んでもらえるような食事をごちそうしようということになったのです。



 ネットで調べて、イタリアンにしました。そこに着ていく服を買いに行ってきます。どんな服を買ったらいいのやら・・・。でも、喜んでくれるといいなぁ。

この記事へのコメント